若手オーナー それぞれの出店ストーリー(1)「マンツーマン×半個室」

3組の若手オーナーが出店を成功させるまでのストーリーを3回に渡ってご紹介。新規開業を考えるプレオーナーの皆さんに役立つアドバイスもお聞きしました!第1回は高田和男さん/Le:Repos(兵庫県揖保郡)「マンツーマン×半個室」というサロンコンセプトの明確さと丁寧なカウンセリング、縮毛矯正やヘアケアメニューのレベルの高さで人気を集めていますが、開業時のお店づくりでは、高いハードルが・・・スタートアップ時には、お客様の興味を惹く"ある方法"で集客に成功。どのような取り組みを行ったのでしょうか?

“弾力サポート”が今までできなかったパーマを可能に

5Gトリートメントなど、進化系トリートメントの登場により、これまで「そんなの無理!」と言ってきた事柄が実現できるようになりました。例えば、ブリーチの繰り返し毛にヘルシーなカールを表現、猫毛にコールドでホット系のようなリッジ感をつくる等、まさにこれだけで他店との強烈な差別化になること間違いなしです。この不可能を可能にした立役者が、“弾力サポート”系のアイテム。簡単に言えば、髪の内部に架橋や側鎖結合をつくり、髪そのものを強くすること。今回は、弾力サポート効果が期待できる5つのアイテムを駆使し、従来のパーマ困難毛を攻略します。

6つの業界が垣根を越えて 新しい美容をつくるイベントに行ってみた!

東京ミッドタウン日比谷で開催された『Industry-Up Day 2020 Spring』を取材。美容業界を含む6業界が一堂に会し、オープンイノベーション型の価値創造に携わるすべてのビジネスパーソンのためのプロジェクトローンチとネットワーキングを促進させることが目的のイベント。未来の美容室のあり方について考えます。

地元密着型の美容室が実践する 働き方改革

東京都世田谷区豪徳寺の美容室『MOCCA』は代表・山口大介さんをはじめ、スタッフ全員のカット技術追求により幅広い年齢や職業のお客様の支持を獲得。顧客の数が年々増える中、山口代表が決断したのは週休2日制の導入。技術と働きやすさを両立する取り組みが、美容室経営でも好循環を生み出しました。

店販比率40%の美容室・売れる秘訣は”提案しないこと”

「店販比率30%越えサロンの品ぞろえ」と題して、5サロンの取り扱う商品カテゴリや提案方法をご紹介。今回は5サロンのうちの1店『Dolis hair + make』(群馬県高崎市)の取り組みをお届け。弊誌2019年11月号「生涯現場主義」にもご登場頂いたオーナーのhisaさんとhanaさんは店販にも力を入れ、店販比率は40%。どのような取り組みでこの高比率を実現しているのかお話を伺いました。