地元密着型の美容室が実践する 働き方改革

東京都世田谷区豪徳寺の美容室『MOCCA』は代表・山口大介さんをはじめ、スタッフ全員のカット技術追求により幅広い年齢や職業のお客様の支持を獲得。顧客の数が年々増える中、山口代表が決断したのは週休2日制の導入。技術と働きやすさを両立する取り組みが、美容室経営でも好循環を生み出しました。

店販比率40%の美容室・売れる秘訣は”提案しないこと”

「店販比率30%越えサロンの品ぞろえ」と題して、5サロンの取り扱う商品カテゴリや提案方法をご紹介。今回は5サロンのうちの1店『Dolis hair + make』(群馬県高崎市)の取り組みをお届け。弊誌2019年11月号「生涯現場主義」にもご登場頂いたオーナーのhisaさんとhanaさんは店販にも力を入れ、店販比率は40%。どのような取り組みでこの高比率を実現しているのかお話を伺いました。

界面活性剤なしで混ざる! 水と油の最前線

通常、水と油を混ぜるには乳化剤が必要。幕張メッセで開催された『化粧品開発展』で見つけたとあるクリームは水と油だけで作られ、界面活性剤フリー。どうしてそのようなことが可能になったのでしょうか。水に秘密がありました。

ペットボトルの水が水素水に変わる?

2020/1/20(月)-22(水)に幕張メッセで開催された『化粧品開発展』。会場内で見つけたのは「ペットボトルの水で水素水が作れる機械」。水素水と言えば、老化の原因となる活性酸素(=フリーラジカル)を除去するモノとして注目を集めているわけですが、どのような装置なのでしょうか。

プレックス剤+液体カラー&塩基性カラーでWカラーの時短メニュー

「生産性を高めるために重要な「時短」。今回は現在の主力メニューのひとつ、「カラー」での時短を提案します。カラー剤そのものを「液体カラー」や「塩基性カラー」といった、シャンプー台で施術するハイスピードな剤に変えることで、ホイルワークのダブルカラーを40分以内で可能にするメニューをご紹介。

店販売上比率40%のサロンで見つけた、乳化剤・防腐剤を極限カットしたスキンケア商品

店販売上比率40%越えを実現しているサロン「Soin(ソワン)」(北九州市)。髪の悩みを解消する“ヘアクリニックサロン”を標ぼうしているだけあって、店販売上の60%をシャンプー&トリートメントが占めています。そんな時「Soin」さんの店販棚の一角で見つけたのが、乳化剤や防腐剤の配合を極限まで抑えたスキンケア商品。