サロンでしかできないトリートメント ただ今進化中 5Gトリートメントとは?

経営とサイエンス2019年10月号
9月1日発売!

第1特集:サロンでしかできないトリートメント ただ今進化中
5Gトリートメント最新型の「フォルム&質感」改善力

○5Gトリートメントとは?

戦後普及した石鹸シャンプーのゴワつきをとるためにできた「レモン汁リンス」を現代トリートメントの第1世代と考えた場合、グリオキシル酸を始めとした最新のトリートメントは第5世代に分類できます。

編集部は、この第5世代のトリートメントを『5Gトリートメント』と命名。これには炭酸プロピレンやグリオキシル酸誘導体、活性ケラチンなど、さらなる新成分も加わり、これからのサロンケアをリードしていくメニューになると予測しています。効果の高持続化&プロならではの仕上がりがカギとされている今、5Gトリートメントの使いこなしをご紹介します。

例:活性ケラチンをエイジング毛に使用

5Gトリートメント最新型の「フォルム&質感」改善力

PART1:サロンケアを変える「5Gトリートメント」とは?
PART2:活性ケラチンの「フォルム&質感」改善力
PART3:活性ケラチン サロンで活用するには?!
PART4:酸熱系トリートメントの「フォルム&質感」改善力
PART5:酸熱系の新成分 サロンで活用するには?!
PART6:活性ケラチン&炭酸プロピレンの作用メカニズム
検証&解説/佐藤スナオ、鈴木貴徳&MINX S-Proチーム
(森山大地、山本祐基、花岡哲平、加茂愛仁、山口翔平、田中美有里、河村総一朗)
メカニズム解説/辻野義雄(岡山理科大学教授)

第2特集:育毛、シミ、シワ防止の提案力が上がる
「植物エキス」の効果と売り方最前線

化粧品ジャンルのプロダクツでは、いまやメジャーな成分である「植物エキス」。サロンで扱う製品の多くに配合されています。

とはいえ、成分が植物由来だけに、効果は「そこそこなのでは」と思う人も少なくないようです。実は植物由来の成分こそが、いろんな薬品の元となったもの。科学的なエビデンスもあります。そんな植物エキスにスポットを当て、その効果と売り方の両面を探ります。

シェアする