「酸熱トリ」+「液体カラー」でハリ・色を倍速実現!

’19年6月1日発売『経営とサイエンス』2019年7月号|見どころ

髪質改善とカラーの 2 in 1メニュー
「酸熱トリ」+「液体カラー」でハリ・色を倍速実現

○今回の第1特集で伝えたいこと
「酸熱トリ」+「液体カラー」メニューの特徴
・施術時間短縮により、時間単価UP ・「液体カラー」は施術時間が大幅に短縮可能

酸熱トリートメントの課題

ブリーチやカラーによるハイトーン毛やエイジング毛の悩みとして、「ツヤやハリコシが失われる」「うねりが出てまとまりにくくなる」といったことがあります。そのためのケアメニューとして、酸熱トリートメントはオススメですが、カラーと併用する場合カラーの褪色が課題となることもあります。

液体カラーとの組み合わせが有効な理由

その対応策として、酸熱トリートメント後に再度カラーをして色調補正をするメニューがあります。ところが、トータルの施術時間が2~3時間になることもあり、お客様にかかる負担が大きくなってしまい、なかなかお勧めしにくい、という事情があるようです。そこで、今回の第1特集では、酸熱トリートメントによるケア効果と、その褪色を補う後カラーとして液体カラーに着目。施術時間がとても短くなることから、お客様への負担も減り、同日施術もオススメしやすくなるメニューとして提案します。

【表示/非表示】「酸熱トリ」+「液体カラー」でハリ・色を倍速実現|詳細
PART1
倍速実現 Before-After(ハイトーン毛・エイジング毛)

PART2
倍速実現のポイント

PART3
倍速実現の施術例

satoshi(CoCooN)/穴井丈士(Areha)
PART4
2 in 1メニューのケミカル解説

有本直幸(髪工房SOEN.LABO)
PART5
2 in 1メニューの売り方実例

satoshi(CoCooN)/穴井丈士(Areha)/高橋雄太(Re;tique)

シェアする