消費者から見たクレジット決済のメリット

2019年10月1日の消費税率10%への増税を機に始まる政府のポイント還元事業。これは、10月1日から一定期間、クレジットカードをはじめとするキャッシュレス決済で買い物をした際に、増税分の金額が消費者側にキャッシュバックされる仕組みです。政府の目標は、増税による消費低迷を防ぐこととキャッシュレス決済の普及。

消費者から見たクレジット決済のメリットとは?

キャッシュレス決済の普及にあたっては事業者側(皆様の美容室)への支援として、事業者からカード会社に支払う決済手数料の優遇や補助、決済端末の導入支援などの制度を設けており、同決済方法導入のハードルが低くなります。
※この制度の内容については『キャッシュレス・消費者還元事業』(経済産業省)に公式資料があります。

ポイント還元でキャッシュレス決済が増えたとしても、還元期間が終われば消費者へのメリットがなくなるし、やっぱり日本で暮らす人は現金支払いが好きだから、定着しないのでは?

確かに、現金支払いは「いくら使ったのかが分かる」という安心感があります。以前は「使い過ぎが心配」等と言われたやキャッシュレス決済ですが、現在は消費者の意識も変化しているといえます。消費税増税前の2019年3月現在、キャッシュレス決済の中でも皆様に馴染み深いクレジットカードのメリットについて消費者の視点から考えてみましょう。

2種類のクレジットカード

クレジットカードはおよそ2種類に分けられます。

(1)クレジットカード
一般的なタイプ。請求金額を後払いで支払う方法。支払回数は一括から複数回を選択できる。
(2)クレジットカード機能付キャッシュカード
決済時に請求金額が銀行口座から即時引き落とされるタイプ。支払回数は一括のみで、銀行口座に預けている金額以上の利用はできない。「○○(国際ブランド名)デビット」と表記されることが多い。

※クレジットカードの主要国際ブランド名についてはこちら

シェアする