提案の幅が広がる! 3つのHOT系パーマ

質感コントロールで他店と差別化|3つのホット系パーマ

動画に登場した3つのホット系パーマ。『前デジ』『つけデジ』『後デジ』。ちょっと聞き慣れない言葉ですよね。実は今、これらの技術がサロンで実践され、ホット系パーマの幅が広がっているのをご存知ですか?

どこが違うの? 3つのホット系パーマ

動画では、主に質感の違いをお伝えしましたが、『前デジ』『つけデジ』『後デジ』は工程に次のような違いがあります。

『前デジ』
ナチュラルな質感
水巻の状態で加温し、コールドパーマの工程につなげる技法
『つけデジ』
外国人のくせ毛風
1液塗布後・ワインディング後そのまま加温する技法
『後デジ』
しっかりリッジな質感
従来のホット系パーマ技法

顧客満足度UPのカギは使い分け

顧客満足度アップで大切なことは、『前デジ』『つけデジ』『後デジ』それぞれの特徴を見極めて、使い分けること。例えば、外国人のくせ毛風がつくれる『つけデジ』にはどの様な特徴があるのでしょう。

『つけデジ』技法セミナーで講師も勤める東京・原宿の『Cura』共同代表・宿利省吾さんにお話を伺うと、そのメリットは「柔らかい質感と時短」

特に施術時間は、従来の後デジと比べると大幅に短縮出来て、パーマの工程だけなら40分で済むのは魅力です。同時に注意点も教えて頂きました。

『つけデジ』では使用薬剤と加温タイムの関係には十分な配慮が必要。高いアルカリ度の薬液は使用しない方が良いです。できれば2.0以下の薬液をお勧めします。

還元剤はシステアミンをベースにシステインやチオグリコール酸等が配合されたハイブリットタイプですが、チオ換算値としては5.61%。お勧めは3-6%の中還元タイプの薬液です。

還元力が低すぎるとかかりが悪くなるので、どうしても加温タイムを長くしたくなりますが、長くし過ぎるとダメージにつながったり、ウェーブがだれたりしますので、十分注意が必要です。

『経営とサイエンス2019年3月号』では、各技法に合った薬液選定や技術上の注意点を詳しく解説。
サロンの売上アップにお役立て下さい!

経営とサイエンス
2019年3月号

詳細[タップ/クリックで表示]
経営とサイエンス2019年3月号
2019年2月1日発売
定価:1,620円
・第1特集「前デジ」「つけデジ」で対応の幅が広がった!
「HOT系パーマ」完全版
・第2特集顧客の記憶に残る情報発信
ミニイベント・DMで個別アフターフォロー
・連載
生涯現場主義
わたしの美容法or健康法
サロンのコンプライアンス
「経営指針書」のススメ
DESIGN FOR SALON SPACE
仕事と生活の新しいカタチ
気になる新製品
NEWS & TOPICS
バックナンバー

『経営とサイエンス』では、19年3月号発売前から「HOT系パーマ完全版」の内容をお届けしてきました。
誌面と併せて、3技術の魅力をより感じて頂けます。他にも、美容室経営のヒントになる記事をご紹介!

・HOT系パーマの新技法『前デジ』とは?
19年3月号号の撮影風景をお届け。『前デジ』の実際の施術を解説付きでご覧下さい。
スタイリング講習会で再現性の悩みを解消!
同じく19年3月号で特集。お客様の記憶に残るサロンの情報発信を、誌面より先にご紹介。お客様へのアフターフォローとしてミニイベントを開催。リピート率100%に貢献しているという美容室のお話です。
・時間を掛けずに売上UP 10分で染まるヘアカラー
1月の好評記事!10分でイメージ通りの仕上がりが実現できる「リキッドカラー」。その魅力は時短だけではありません。売上アップに役立てているサロンにお話を伺いました。
※本号及びブログ記事掲載の『前デジ』技法の中で紹介している 「水巻の状態で加温し、完全乾燥させてからパーマ1液を塗布する」 パーマ技法は、株式会社ハホニコ様と上甲恭平氏 (椙山女学園大学教授)による特許です。
※本号及びブログ記事掲載の「前デジ」「つけデジ」「後デジ」といった名称の元になっております『パイモア形状記憶デジタルパーマ』は株式会社パイモア様の商標登録です。