街を元気づけるtsugumiプロジェクト

どうも、CHIAKIです!

先日、

行ってきました、「三ツ境」!

上の「三ツ境」って漢字、

何て読むか知っていますか?

「みっつさかい」

ブブーーッ!

「みつざかい」

残念。

正解は、「みつきょー」です!

しかし、「みつきょー」と読むとは思わなかったなー。

よく、三軒茶屋を「さんちゃ」とか、

秋葉原を「あきば」とか言うような

俗称かと思いきや、こちらが正式名とは。

(これ読んでいる方で、

地元の方がいらっしゃいましたら失礼しました。)

三ツ境に呼んでくれたのは、

このお二人。

『SEVRALMAINDINC』の内田広大さん(左)と

『LOTUS』の城田正司さん(右)。

内田さんとは、

神田昌典さんというマーケターの勉強会がらみで知り合い、

何度か飲むうちに、リアルガチな関係になり、

城田さんを紹介していただきました。

話は、今からさかのぼること1か月半前――、

六本木での飲み会からでした。

そのとき、城田さんが

三ツ境でtsugumiプロジェクトという

面白い取り組みをしていると聞いて、

お店を拝見させてもらいつつ

お話を聴きに行こうということに。

まずは、城田さんのお店から。

2階のお店か!

一見、カフェっぽい感じ。

店内を拝見すると、

吹き抜けがいい!

そのため日中は照明がいらないそう。

しかも自然光の採光なので、

ヘアカラーの仕上がりの説明がしやすいのだとか。

グリーンを効果的に配置した

オシャレな内装です。

ちなみにこの内装は、

某大手デザイン事務所によるもの。

当初、この大手事務所のデザイナーさんは

城田さんの店舗をデザインコンペに

出展したかったのだそうです。

しかし

城田さんがあまりにたくさんの注文を出した結果、

「これはもうボクの作品の域を超えている…」

と出展を諦めたのだとか。

着付けもやります。

さすが!

フロアの一角をブライドで隠すのか。

なるほどです!

さてさて、本題です。
tsugumiプロジェクトです。

このプロジェクト、

どんなことをしているかというと、

三ツ境にあるネイルサロンと、

同じく整体院とコラボして

お客様を相互紹介しているんです。

「なーんだ、顧客の相互紹介か…」

そう思ったあなた、

ちょっと待ってください。

彼らがスゴいのは、

これをスタンプラリー形式にしたこと。

ヒトって、何か理由があると、

その理由にかこつけて、便乗しちゃう習性があります。

普通、「このお店、いいですよ」

って言われても、

「あ、そうなの」って感じで終わることって多いですよね。

それを行動に移す人ってなかなか少ないものです。

でも、そこに

スタンプラリーが加わると、

「スタンプがたまるから」

という理由に生まれる。

しかもスタンプがたまると「特典あり」

ここまでくると、

もう行かない理由はなくなるわけです。

三ツ境という場所は、

横浜と海老名という大きな駅に囲まれ、

まわりにもショップモールなどが隣接してきて、

商店街で買い物する人が年々、少なくなっているそうです。

そんな状況下でも

tsugumiプロジェクトは大健闘し、

顧客を商店街に留めることに一役買っているのだとか。

商店会の役員の方も一目置いている彼らの取り組み、

またまた何かやってくれそうですね!

シェアする