カーリング料のダメージレス処方に 新たな兆しが!!

3種のシスが入ったハイブリッドタイプ

どうも、CHIAKIです!先日、京都にお邪魔しておりました。気になる新製品の取材で、タマリスさんの研究の方たちにお会いしていたんです。新しいカーリング料のシリーズ製品の取材です。
名前は、『シスキュア デコルア』。タマリスさんといえば、シスをいち早く業界に広めたメーカーさんです。今回の新シリーズは、このシスとシステアミンのハイブリッドだとか。しかもシスは、システイン以外に、グアニルシス、アセチルシスのトリプル処方だそうです。

pHが高いほうが、ダメージレス?!

取材をしていてとても面白かったのが、研究の森田さんが見せてくれた資料です。
コチラです。

大人の事情でボカしております。 スミマセン……

これまでって、ダメージレスを考える場合のカーリング料のスペックって、低pH、低アルカリ、中還元みたいな感じでアルカリレスが一般的でしたよね。でも、森田さんによると、還元剤の配合バランスによっては、やや高いpHで、還元力を落としたほうが、逆にダメージがしにくいのだそうです。
マジっすか!今回の『シスキュアデコルア』でもこの、ちょい高pH処方は採用しているそうです。研究開発者のみなさんもタマリルのTポーズで記念写真!

誰か使ってみた結果、
教えてください!!

シェアする