過炭酸ナトリウムのヘアカラー効果 その眼で確認できます

どうも、CHIAKIです!
弊社・社長の大久保より
意味深なメールが着ました。出だしに、下の画像があり、こんな一言が…。
「これは、砂糖ではありません」……どうしたのだろう(汗)
続けざまに、「過炭酸ナトリウムという物質です」
読み進むと、なにやら面白そうな薬剤のレポートか!ホッとしました。
ということで、今回もブログ読者のみなさんに社長の大久保のレポートをお届けします。
どうぞ!

分解しても比較的安全!

過炭酸ナトリウムは、エコに関心のある方々が、
まな板や食器の漂白や、洗濯槽や風呂釜掃除に使ったりしている成分です。

「酸素系漂白剤」と呼ばれています。
最終的に洗浄成分が、水と酸素と炭酸ソーダに分解されるので、比較的安全というわけです。
この過炭酸ナトリウムがヘアカラーにも使われているというのはご存知でしたでしょうか?
過炭酸ナトリウムを水に混ぜると分解していく過程で実は過酸化水素になります。

もうお分かりですね。メラニンを分解したり、
発色力を高める酸化剤として働くわけです。
この過炭酸ナトリウムをラインナップしているのがこちら。


「プロマスター アプリエ」シリーズ。

明度と染色のアップを同時に実現

もうご存知の方もいらっしゃると思いますが、
「プロマスター アプリエ」は、通常の1剤、2剤に加えて、
過炭酸ナトリウムが配合されたを調合して使用します。

結果として何が生まれるのか?というと、
今までよりもリフト力と染色力の両方が強いカラー、
つまり透明感と色の濃さを同時に表現できるのだそうです。

このカラー剤を使った
サロンで使えるトレンドカラーを学べるセミナーが
12月4日(火)、弊社地下ホール
で開催されます。
従来のカラーと差別化していく際のポイントも紹介されます。
セミナーの詳細はこちらから。

シェアする