元サッカー日本代表コーチが こっそり教える人材育成術

どうも、CHIAKIです!

フジシンさんのセミナーは、
毎年、面白いスピーカーが登壇すると有名!

先日、フジシンさんの
オータムマネジメントセミナーに
お邪魔してきました。

このセミナーは、
フジシンさんがお取引サロンさん向けに
毎年行っているもの。

サロンのオーナーさんからは、
毎年、面白いスピーカーを登壇させる
と有名です。

今回のスピーカーのひとりは、この方。

大人の事情で撮影禁止だったので、
パンフレットの写真でご勘弁を。

サッカーファンにはお馴染みの
山本昌邦さんです。
山本さんは、NHKのサッカー解説者。
元日本代表のコーチをしていた方です。

元日本代表コーチが教える!
強いチームをつくるリーダーの条件

今回は、フジシンさんの2018年度のテーマである
「こだわりの価値」をベースに、
価値ある人材を育成するための考え方
をレクチャーいただきました。

山本さんいわく、
強いチームをつくるリーダーの条件は、
そのリーダーに
パーソナリティ、専門知識、指導能力
が備わっていることが大前提で、

特に重要なのが、
指導能力なのだそうです。

ちなみに指導能力には、
①医者能力(フィジカル分析力)
②役者能力(監督業を演じる力)
③易者能力(試合展開予想力)

が必要なのだそう。

特に大事なのが、
②役者としての能力で、
コーチ時代は、いかに選手をやる気にさせるかをテーマに
コーチ業を演じたのだとか。

ポイントは、選手に命令することではなく、
経験して学ばせること。そこで気づかせることだそう。

そのためには質問の仕方が重要なのだと話していました。
失敗したスタッフに、よく
「なんで、これできないの?」とか、「失敗した原因は何?」
みたいな質問、してませんか?

山本さんいわく、それは大大大NGだそうです。
「どうしたら、それができるだろう?」
これが正しい質問の仕方。
選手にそのように質問し、
一緒に考えることで、答えを選手の口から答えさせる。
それが何より、選手をやる気にさせる意味で重要なのだそうです。

いやー、
トップの世界でも、指導者たるもの、
地味なことをやっているんですね。

スタッフをやる気にさせる
指導法は、まだまだある!

その他にも、
選手の鼻をへし折るときは個別で。
(ただし異性の場合は、対象者と同性のスタッフを近くに置くこと)

さらに
選手に試合の感想を述べるときは、
上手くいったときの主語は、「キミたち」
失敗したときの主語は、「われわれ」

そして
ほめる内容は、能力や技術ではなく
努力したことにフォーカスする
と、細かく決まっているのだそうです。

どうでしょう、これを読んだ
オーナーさん、店長さん、
山本さんの話を参考に、明日から自分は「オーナー業を演じよう」
とか、「店長業を演じよう」と発想を転換するだけでも
スタッフさんのやる気が変わるかもしれませんよ。

この記事は経営とサイエンスがお送りしています。
【タッチ/クリックで雑誌ページへ】

この記事をはじめから読む

シェアする