噛まずに食べれる? ”博多うどん”

どうも、CHIAKIです!

先日行った

リアルガチな九州ツアーのグルメ編の第二弾が

こちらです。

福岡で食した

その名も

「牧のうどん」!

これは、他県にはあまり知られていない、

福岡のソウルフードだそうです。

わたしは、

「かしわ飯」

という、かやくご飯も一緒にオーダーしました。

このうどん、麺のゆで加減で

柔らかさも選べます。

柔らかいものだと、噛まずに食べるのだそう。

かのタモリは、

この柔らかさを愛し、

コシの強いうどんを嫌っていた時期もあるそうです。

しかし、

このうどんには

もうひとつ驚くべき特徴が!

汁を吸う、吸う!!

見てください!

食べずに放っておくと、

どんどん麺がダシを吸収してしまい、

ダシが無くなっていくという代物なのです!

(ダシは補給できるようになっている)

そう!

アルカリダメージで

毛髪がどんどん水分を吸収していく。

その感じです。

まさに超親水性!!

そこまで行くと、

歯ではなく、

歯茎でもかみ切れるんじゃないか

というくらいやわらかい。

讃岐うどんのコシとは真逆にあるうどんなのです!

食べ物の話はもういい?

はい、次回から訪問させていただいたサロンのお話を紹介していきます!

シェアする