「おかえりなさい」の言葉とともに スリッパを出してもらえるアットホームなサロン

どうも、CHIAKIです!
先週に引き続き、編集部・金子によるレポートです。
今日は、「どうしてもブログで紹介したい!!」
と熱烈アピールしてきた神奈川県海老名市にある女性スタッフだけのサロン、『HARMONY』さんにお邪魔した時の話だそうです。
それではどうぞ!!

サロンの扉を開けると、「おかえりなさい」の声?!


どうも、現場の金子です。
まずは上がサロンの外観。

サロンの扉を開け、中に入ると、スタッフさんから
「おかえりなさい」という言葉をかけられ、
なんと、ビニールの袋からスリッパを出して、
ちゃんと履きやすいように並べていただきました。

「もしや、ここは自分の家?」
と勘違いしてしまいそうな
“おもてなし・第一の矢”で
早々に心を射抜かれてしまいましたが……、

待合いの席につくと、
すぐさま“おもてなし・第二の矢”、
おしぼりとお茶とお茶菓子です。

ん? しかも、良く見ると
お茶菓子の袋にナスのような切り絵が貼りついています。

さらに近づいて見ると、

「なすび」の3文字にひっかけて、
なつの終わりに
すずしい風
びのオーケストラ
というフレーズが書かれています。

なんとも、ほっこりしますね。

おもてなしに大切にしている『Harmony』の究極のサービス

次に、これはある一定のお客様へのサービスだそうですが……

袋に何か入っています。

これもお客様の目の前で開けるそう。

なんと、袋に入っていたのはカットクロスでした。
実は、これが“おもてなし・第三の矢”

お得意の客様専用の「マイ カットクロス」だそうです。

しかも、
左胸のあたりには、アルファベットの文字が刺繍されています。
スタッフさんに聞いたところ
胸の刺繍は、お客様のお名前です。

こんなカットクロスをつけて施術してもらったら、
さぞかしいい気持になれることでしょう。

こうして“おもてなしの心”が随所に散りばめられている『Harmony』さんなら、
長時間の滞在でも、心地良いひと時を過ごせること間違いありませんよね。

以上が金子レポートでした。
どうりで、その日、金子が会社に戻って来なかった理由がわかりました。
そんなおもてなしをされたら、
取材の滞在時間も長くなるわけです(笑)。

シェアする