有本直幸さんが考える グリオキシル酸、レブリン酸 活用法

有本直幸さんが考える
グリオキシル酸、レブリン酸 活用法

どうも、CHIAKIです!

弊社・社長の大久保が
酸トリの相性で定着しつつある
“酸熱トリートメント”
関連の動画を撮ってきた模様です。

以下、大久保レポートをどうぞ!

クセが若干緩和されるということで、
縮毛矯正の一種と考えている人もいらっしゃるようですが、
編集部では、
あくまでも持続性の高いトリートメントととらえております。

で、この人はどうとらえているんだろう、
ということでお聞きしたのが、この方。

「デザインのためのケミカル」をカリキュラム構築している
教育機関「SSA」を主宰する
有本直幸さん(SOEN LABO)。

インタビューを撮ってきましたので、
まずはご覧ください。

なるほど…。
ダメージ毛エイジング毛に対する
ケアメニューとして考えたほうが、導入しやすいということですか!

その際、技術や知識において
何が大切になるのかについては、
11月27日(火)に、
弊社ホールで行うセミナー「酸・熱トリートメント 失敗しないための基礎知識とテクニックのポイント」
で、わかりやすく解説していただけるとのこと。

美容室ならではのトリートメントにご興味のある方、
ふるってご応募くださいませ!

シェアする